SNSアカウントの乗っ取りを受けて、
4桁のLINEが暗証番号を義務化したと宣言しました。

なぜこのような事になったのでしょう?

  1. アカウント乗っ取り防止
  2. 犯罪の防止
  3. スパムの防止
  4. 言い逃れ防止



SNSのアカウント乗っ取り事件が急増中

SNSのアカウント乗っ取り事件が急増中
昨今では、有名人のアカウント乗っ取りに加え、
一般個人のアカウント乗っ取りが非常に多くなっています。

アカウントが乗っ取られると、
まず考えられるのがスパム行為です。


関係のない文章や画像を、
遠隔操作で投稿される被害が多くなっています。



金銭トラブルに発展しやすい

金銭トラブルに発展しやすい
SNSのアカウントは、他のサービスにログインする鍵にもなります。
乗っ取られたアカウントで、知らない間に有料課金をしていたという事件もあります。

その他にも、知り合いのアカウントに援助を求める手口も多くなっています。

SNSの乗っ取りを防止する4つの方法

SNSの乗っ取りを防止する4つの手段方法
  • 不審なアカウントやURLに関わらない
  • スマートフォンにウイルスソフトを入れる
  • 不審なアプリを不用意に承認しない
  • 定期的にパスワードを変更する


不審なアカウントやURLに関わらない

不審なアカウントやURLに関わらない
まずは不審なアカウントが発信するURLを
不用意にクリックしない事です。

大抵は、不正ウイルスによって、パスワードが抜き取られます。

ウイルスは突然何もない状態で感染する事はありません。
大抵はURL先にウイルスがありますので、不用意にアクセスしない事です。


スマートフォンにウイルスソフトを入れる

ウイルスソフトは必須
スマートフォンにウイルスソフトは入れていますか?
ウイルスソフトを入れておくと、
ウイルスを感知してアクセスを防止してくれます。


万が一に備えていると安心です。

これは、ネット銀行やネット上でのクレジット入力も同じです。
対策をせずに使っていると、大切な個人情報が引き出されるケースがあります。

ウイルスソフトは、有料の物を使いましょう。


不審なアプリを不用意に承認しない

不審なアプリを不用意に承認しない
ウイルスに感染しなくても、
アプリを通して個人情報を抜き取られる事があります。

アプリによっては、電話番号や電話帳の中身などを収集するプログラムを入れてある場合もあります。

あらかじめ承認制になっていますが、
よく読まずに承認する人も多いようです。


使用するアプリが、スマホのどのデータを使うのかは確認するべきです。
もし本来の機能に必要もないデータを使うようであれば、
疑ってもいいかもしれません。


定期的にパスワードを変更する

定期的にパスワードを変更
パスワードを定期的に変える事は、一番簡単で効率的な方法です。
万が一水面下でパスワードを抜き取られていても、
変更する事で対処できます。


特に、ログイン回数が少ない人は、
定期的にチェックをする必要があります。


このように様々な防止方法はありますので、
しっかりと対策を行いましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...