恐ろしいことでもありますが、事実だと思います。
今の時代。どんな食べ物にも添加物が入ってるようになって来ました。

食パンにさえ入っています。
手作りで料理をしても、ある程度味が付いているものは無添加にならないことが多いんです。
何らかのものが入っているものがたくさんあるのも原因のひとつだと思います。

これからはもっと多くなるかもしれません。



子供を持つ母親として、添加物についてはいつでもよく話題になります。

レトルト食品やマーガリン、市販のお菓子、それにファーストフードなども確かに健康には良くは無いと分かっています。

でも、我が家では完全に除去しようとすればストレスが溜まるし、食を楽しむ機会を失ってしまうと思っています。

母親だってたまにはレトルト食品に頼りたいし、外食もしたい。
出来ればバターを買いたいけど、毎月の食費を考えたら泣く泣くマーガリンを買うお宅が多いと思います。

朝食
お菓子も、毎日とか頻度が多くさえなければ、たまに楽しむのは心の健康につながると思うのです。
全てを材料から手作りにすればそれは安心だし、それが苦にならない方は

素直にすごいと思いますが、
ほとんどん方が「気にしだしたらきりがない」と思っているのだと思います。

私もそう思うので、あくまで無理のない範囲で健康的な食事を子供に与えたいと思っています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...