ピザ店はとても人気です。
家庭では味わえないような、アツアツサクサクのピザが手軽に食べられます。^^

その理由は、専用の大型オーブンで焼き上げるからです。
最近では、本格的なピザ釜で焼き上げるお店もあるようです。

家庭用石窯キットも売ってありますが、やはり本格的な釜には勝てません。
やはり焼き立てを食べたいですよね。



でも、お値段は手軽ではありません。

サイズに違いはありますが、1枚2000~3000円が相場です。
大きいとはいえ、数人で食べるなら一枚では物足りないですよね。

アメリカでは、大抵1000円~2000円が相場のようです。

なぜここまで相場が違うのでしょう?

日本のピザが高い理由


それは、

  • 人件費が高い
  • 材料が高い
  • 人手不足

というのがあるようです。

特に、宅配ピザは配達料があるので高くなる傾向があります。^^
配達料金無料と書かれていても、実際にはピザの料金には含まれています。

それに、原材料(専用チーズなど)を輸入に頼っているので、コストがかかるようです。
最近は円安になっているので、さらにエスカレートしています。

その割りに、今度は人件費がかかっています。


店舗型のピザ屋は低価格


一方、配達をしない店舗型のピザ屋は低価格になってきました。

手ごろなサイズなら、1枚350円や500円で食べる事が出来ます。

このことから見ると、宅配料金が高いという事が分かります。^^


ただ、都心部や繁華街などでしかないのが現状のようです。
地方に進出してくるのはまだまだ先かもしれませんね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...