インターネットを始めたら、
銀行振り込みを使う機会が増えた。

そんな方もいらっしゃるかもしれません。

ネットショップで買い物をすると、
大抵はカード払いだったり、振込みだったりしますね。


ネット銀行なら振込みはスマホやパソコンで可能


「銀行のATMに直接行って払い込むのは面倒」だと思う方もいらっしゃいますが、ネット銀行を使えばスマホからでも振り込む事ができます。

クレジットカードを持たない人も手軽に使えるのは便利です。

それに意外と、
クレジットカードに対応していないネットショップも多いですよね。

たとえばヤフオクは、個人との取引になると現金振込みが多いです。
この場合は、どうしても銀行振り込みをしなくてはいけません。


ネット銀行であれば土日祝日夜間でも即振込みは可能


現状でも、同じネット銀行であれば、
即時入金は可能な場合が多いです。

私はよく楽天銀行とsbiネット銀行を使っています。
(どちらともネット専業銀行)

両方とも同銀行内(楽天銀行同士、sbiネット銀行同士)であれば、
夜23時であっても、土日祝日であっても、即振込み(リアルタイム振込み)は可能です。


同銀行内の振込みは手数料が無料のサービスもある

楽天銀行・sbiネット銀行の同行間振込みは手数料が無料です。
こういったサービスは、他にもあります。

ゆうちょ銀行も同行間なら、
手数料無料・土日祝日も即振り込み可能ですね。


他行ではリアルタイムで振込みが出来ない理由



同じ銀行内ならシステムが一緒なので、
お金を移動するのは簡単だからです。

パソコンでも、同じパソコンのデータなら、
コピペで移動できるのと同じ理屈です。


ですが、他行への銀行振り込みだとそうは行きません。
違う銀行システムにデータ(この場合はお金)を移動する場合、
全国銀行協会に定められた時間にしかアクセスできない仕組みになっています。

今で言うと、朝9時~午後3時までの間だけですね。
今後はこの時間帯が変わろうとしています。


他行への振込みが夜間や土日祝日も対応可能に


現状の銀行ATMでも、時間を延長する事自体は容易なので、
早ければ2015年中には、開始されるという事です。

ですが、懸念される声もあります。
銀行口座による犯罪は少なくないので当たり前かもしれません。

  • 振り込め詐欺や成りすまし詐欺
  • 不正送金
など、24時間体制で監視するシステムも作り出さなければいけません。


他行間振込みの24時間対応には時間とコスト必要


最近では遅くまで空いている銀行ATMもありますが、
いつ襲撃されるのか分からない状態です。

そういう安全面を考慮すると、
時間がかかるかもしれません。

同時にそういったシステムを作るとなると、
夜間の手数料が上がる事につながります。

現状でも、振り込み手数料は必要なのですが、
値上げとなると高額になってしまいますね。

そういう点では、もう一時かかるのかもしれません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...