日本は海外から見ると、充実したサービスが好評です。
特に日本人の性格に関して評価が高いです。

よくニースで話題になる日本人の心

  • まじめさ
  • おもてなし
  • マナーのよさ

それぞれ日本人だけではありませんが、こうした評価が多くなっています。

さて、そんな日本人が海外旅行に行く時に、気をつけないといけない事はなんでしょうか?



日本人は大人しいから何もいわない?


そもそも日本人は、他国の人に比べると大人しい性格です。
その為、トラブルに巻き込まれたり、ちょっとした手抜きをされる事があります。

日本人は何も言わないと思われる事が多いという事です。
例えば、海外ホテルに泊まったときに、シャワーが使えなかったりポットがおかしかったりしても、我慢する人が多いようです。


英会話が出来なくても身振り手振りで伝えよう


日本ではしっかりと意見を言う人であっても、海外に行くとついつい遠慮してしまうという人は少なくありません。

もちろん海外旅行先で英会話に自信がないと、やり取りできないというのもあるかもしれません。
ですが、身振り手振りのジェスチャーや現状を見せる事で納得してもらえます。
※海外の格安ホテルだとしても、接客以前の問題です。


「マナーがいい」と「我慢する」は違うという意識で、海外旅行をする事が大切です。


日本人は海外旅行先で犯罪に狙われやすい


その他にも、犯罪に巻き込まれる可能性も多いのが日本人です。
深夜の外出は極力控えたり、裏道を一人で歩かないということも頭に入れておくといいでしょう。
「自分の身は自分で守る」という心がけが何よりも大切です。


日本は治安がいいので、ある意味どこに行っても安全です。
ですが、海外では日本人は「お金持ち」という概念が凄くあります。

服装や持ち物、正確や見た目で日本人だと分かるので狙われる危険性が高いので注意をしましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...