火星探索機を世界の宇宙開発局が、7機打ち上げたと報道されています。

  • 米航空宇宙局(NASA)
  • 欧州宇宙機関(ESA)
  • ISRO(インド】)

なぜ火星の調査を始めたのでしょうか?

それは現在の温暖化と深く関係するようです。



火星はもともと水分と酸素が豊富だった



火星という星には、水蒸気と二酸化炭素が揃っています。
大昔は、火星にも川や海があり、植物があったという痕跡も数多く発見されています。

つまり火星は、地球に近い惑星と言われているのです。


人が住めるかどうかを調査



地球と同じ環境であれば、人が移住する事もできます。
人が住むとなると、各国の先着順となりますので急ぐ必要があります。

出来る限り早く調査を始めたいという事もあります。


それ以外にも、火星の植物絶滅は、
温暖化と関係あるという声もあります。


火星は地球の未来像



地球の温暖化が進むと、火星と同じになるという学者もいます。

海水がすべて蒸発し、植物が死滅すると火星そのものです。
これは決して他人事ではありません。

今回の打ち上げは、
それを裏付けるための調査でもあります。


今後は火星の調査を本格化するということで、
温暖化対策にも火星は注目されているのです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...