ベネッセコーポレーションの
個人情報漏洩謝罪は500円の金券が送られてきます。


金券という報道しかありませんが、
ベネッセグループの金券だといわれています。

ほぼ、ベネッセグループの金券に間違いありません。



個人情報漏洩は昔から500円相場



過去、個人情報を漏洩した企業がたくさんありますが、

大手企業の場合、
該当する人すべてに「500円の金券」しか配布していません。
過去の個人情報漏洩で500円の金券だった会社
  • ローソン
  • Yahoo!BB
  • 東京ディズニーランド


全員に500円となると大金です


500円といっても、1万人集まれば500万円です。
100万人要れば、50億円です。

損害は計り知れません。


並みの中小企業なら即倒産です。



個人的に訴訟を起こすと6000円



以前個人情報流出でこんな裁判がありました。
Yahoo!BB情報流出で1人6000円の賠償命令
→http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/22/news060.html


この裁判では
一人あたり10万円の慰謝料を求めたようですが、
6000円という判決でした。


この時もYahoo!BB側の予定では、500円の金券でした。


個人情報が漏れただけでは勝訴できない


個人の裁判は少額訴訟が考えられますが、
個人情報が漏れても、
被害がなければ勝訴は出来ません。


流出した個人情報が原因で
  • 知らない業者からDMがたくさん来たり
  • しつこく電話が来たり
  • 借りてもいない借金の請求が来るようになったり

このような被害が発生しなければ、高額請求はほぼ出来ません。


もし訴訟を考えるのであれば、
この事に付いて考える必要があります。

弁護士を雇えばさらに経費はかさみます。


もし負けてしまえば、無駄になりますので注意をしましょう。


裁判は必ず負けるものではありません


TBCは個人情報漏洩で個人に訴えられ、
1人に付き3万円という判決が出来ました。



個人対大手でも、
必ず負けるということではありません。

ですが、リーガルハイのように必ず勝つものでもありません。

もし本当に被害があるのであれば、
個人訴訟を考えてもいいかもしれません。


裁判でわからない事があれば、法テラスに相談してみましょう。
http://www.houterasu.or.jp/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...