夏人気が出てくる昆虫といえば、クワガタとカブトムシです。
クワガタショップでは、年中売っていますが夏は成虫の個体が手に入るので育てる手間もなく気軽に始めることが出来るので人気があります。
子供たちにも人気があるので、夏休みの課題研究にいかがでしょうか?

クワガタとカブトムシは、自然の中で生きていくというのもあり、生態系が崩れてしまうこともあります。
特に最近は温暖化が進んでいるので、クワガタにも影響が出ています。

特に国産クワガタのミヤマクワガタは絶滅の道を歩んでいるとニュースで話題になっています。

ですが、他にもたくさんの種類のクワガタがいます。
中でも、ニジイロクワガタとオウゴンオニクワガタは見た目が綺麗なので、子供から大人まで楽しめます。



人気のあるクワガタの種類

人気のあるクワガタの種類
人気の秘密は、数も少なく貴重であるということもありますが、やはり戦う姿がかっこいいということがあります。
子供たちの目にはたくましいクワガタの姿が見えるのでしょう。

もちろん大人にも人気があります。
特に人気があり飼育しやすいクワガタ
  • ニジイロクワガタ
  • オウゴンオニクワガタ

ニジイロクワガタの販売は国産クワガタのみ

ニジイロクワガタ
ニジイロクワガタは、、オーストラリアに住んでいる虹色に光るクワガタです。
その姿があまりにも美しい為、国際的にも現在輸出入が禁じられています。
ただ、飼育方法がいたってシンプルで病気にも強いので日本国産のニジイロクワガタなら安価で手に入ります。

クワガタ天国などのクワガタショップでも500円~3000円ほどで販売されています。
※大きさやオスメス、原産地によって異なります。
育て方はシンプルに普通のクワガと同じ方法でもかまわないようです。


オウゴンオニクワガタは室温と湿度に注意すれば後は簡単

オウゴンオニクワガタ
一方オウゴンオニクワガタは、金色に光ります。
湿気が多いと、黒く変色してしまうので日本では黒く見えるときもあります。
主にインドネシアに生息しています。

日本のような高温多湿の気候には弱いので初心者の方には、オウゴンオニクワガタの飼育はちょっと難しいかもしれません。
ですがオウゴンオニクワガタは、温度管理や湿度管理さえしっかり出来ていれば飼育は出来ます。

その為クワガタショップでも比較的安価で買うことが出来ます。


一番人気で高価なオオクワガタは飼育方法が難しい

一番人気で高価なオオクワガタ
高価なクワガタといえば、オオクワガタです。
体長が8センチ以上にもなります。
ですが、数が少なく希少性があります。

そのためクワガタショップでも、入手できなかったり高額だったりします。
飼育方法が楽であれば増やせるのですが、そうでもないのが残念です。

見つけたら見るだけでも価値がありそうですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...