ついにファイナルファンタジーの仮想会社「神羅カンパニー」が現実のものとなりました。

これはスクウェア・エニックスの子会社として、
本社をニューヨークに置いています。(ミッドガルではありません)

もちろんそこで働くのは、人間です。
クラウドももちろんいません(笑)



神羅カンパニーでクラウドを開発


ただ人でなくソフト開発で、
クラウドを中心にして運営するようです。


もちろんキャラクターではなく、クラウドゲームです。


最近のスクエニクラウドゲームといえば、
ドラクエにファイナルファンタジーン度多く出ています。

クラウドゲーム部門を本社ではなく、子会社として分割した形になります。


しかも今後はニューヨークで開発するということなので、
期待が出来るかもしれません。



社長はプレジデント神羅


今後は誰が社長になるのかが、注目です。
もちろん社長は「プレジデント神羅」というプレートが用意されると思います。

ですが、ゲームのような闇に包まれた会社ではなく、
しっかりとした一流ソフト会社なのでご安心ください。


もしかすると同じように、
バイオハザードのアンブレラ社も現実に誕生するのかもしれませんね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...