電車など人が混雑する場所での携帯やスマホの「電源オフ」が呼びかけられていました。ですが、関西鉄道が「電源オフ車両」を廃止したようです。

JRや鉄道など、様々な車内放送で電源オフを何度も聴いた記憶がある方もいらっしゃるかと思います。
その理由は、ペースメーカーなど命に関わる医療用装置への影響があるという大きな理由があったからです。

ですが、それは2G回線の電波が原因であったため、3Gの今ではあまり意味がないそうです。
総務省がペースメーカーに対する影響の方針を緩和したため、電源オフ規制も少なくしたようです。

ですが、これによりマナーの問題も浮上するかもしれません。
その理由として、電車内でのスマートフォンや携帯の使用者が増えるからです。

これにより、様々な問題が浮上する可能性も少なくありません。

海外では、電源オフの意識が低い国もあり問題になる事も少なくありません。

通勤電車で殺人 乗客は皆スマホをいじり、事件に気付かなかった…」では、混雑する通勤電車の車内で事件が起きています。
それまで他の乗客は誰一人として気が付かなかったそうです。

ここまでなる事はないと思いますが、ありえないとはいえないはずです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...